So-net無料ブログ作成

一般人がマイホームを買うということ [財テク]

マイホームを買った方が、賃貸と異なり資産になるから買うべきということをいう人がいる。
賃貸は家賃を支払うだけで自分のものにならないから、もったいない。損だ。

購入したマイホームの資産価値が、未来永劫購入時と同じか上がるのが間違いなければその通り。しかし、人口減で住宅需要が減るのが間違いない日本で、資産価値が必ず落ちないというのは考えづらい。

また、マイホームの購入は一般人にとっては手元資金で買えるものではなく、大方は住宅ローンを組んで購入するはず。長きにわたり借金を返済し続けなければならない。借金を途中で止めるには、手に入れたマイホームを売るしかない。

マイホームを取得したいという欲求が強い人であれば、取得するのが目的なので損も得もない。借金してでも購入するだろう。

しかし、概ねの人は「住むため」にマイホームを購入するだろう。そして可能な限り、そのコストは抑えたい (または、自身の借金のできる範囲内での物件を選ぶ)と思っている。

となると、やはり「マイホームVS.賃貸」の金銭的な損得を検証してみるのは、やってみても良いのでは ということで、よく企業が投資検討時に使用するIRRという指標を用いて検証してみた。

作ったエクセルファイルをUPしたいのだけど、ソネットブログの制約でエクセルはUPできないみたい…

結論からいうと、「マイホームを購入する」というのは投資的観点からはメリットなしということになる。
・購入資産がとても安い。
・購入資産の想定家賃が高い。
・借入金の金利が安い。
・売却時の資産家価格が高い。
という条件が全部そろわないと、まずメリット出ないと思われる。
例えば、月家賃25万円のエリアで、5,000万円のマンションを買うイメージかな。で将来価格が購入価格より大きく下がらないところ。ハードル高いよなー。

この試算表めいたものって、ネット上でなかったので自分で作ってみた。
購入を考えている人って、こういう検証ってしないのかな。大きなリスクなのに。

作ったエクセルUPできなかったので、自分が参考にした本の紹介を載せておきます。



債券取引の知識<第3版> (日経文庫)


タグ:財テク

共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。